トイレのつまりの対処法を業者へ解決依頼で対応

その他のつまりの原因

Posted on 2017.07.13 by 管理人

その他にも、経年劣化によるつまり、節水によるつまりがあります。経年劣化とは、築年数の古い家において、長年使用することによって、尿石等が排水管に蓄積されて頑固にこびりつき、流れる穴がどんどん狭く細くなってしまいます。その為に、つまりが起きやすくなり、なかなか簡単には解消されないケースが引き起こされてしまいます。

また、節水によるつまりとは、トイレの水量を節水する時に引き起こされるケースで、トイレタンクに水を入れたペットボトルを入れることで、節水にはげむ家庭もおられると思います。しかしながら、トイレの水量は考えられて設計されていますので、少なくても、多くても適切な量ではありません。もしも現在、水量を少なく極端に節水されているのであれば、いずれトイレのつまりの原因になる可能性がありますので、適切な量に戻すようにしましょう。

節水はもちろん大切なことですが、節水が原因でつまりが発生してしまっては意味がありません。他にも、ペットボトルがタンク内にあるいろいろなパーツに接触すると外れてしまったり、破損の原因にもなりかねません。つまりが頻繁に起こったり、故障の原因になる前にペットボトルを取り出しておきましょう。