トイレのつまりの対処法を業者へ解決依頼で対応

業者へ解決依頼しよう

トイレつまりがどうしても解消しない場合、あるいは早急に対処したい場合には、やはり水回りのプロである業者へ解決を依頼することが、最もスムーズに解消される手段となります。費用は一円もかけたくない、と思われる方もおられるかもしれませんが、ラバーカップやお湯で試してもつまりが解消されない場合、何日もつまったままで置いておくと、つまりの原因がもっと奥へ移動したり、よりつまらせて悪化させる可能性も出てしまいます。そうなると簡単にできるはずの修理も大掛かりな工事が必要になったり、ご近所にも迷惑がかかってしまうかもしれません。そうならない為にも、困難なつまりと判断した場合には即業者に電話して相談されることをお勧めします。

たいていの業者は現地を見てから見積りをして依頼することになります。もちろん、見にくるだけで出張費を取るような業者もありますので、事前確認は必ずしておきましょう。いくつかの業者に相見積もりをとり、良心的、かつ適切な工事の提案をしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。また、最初の見積り以外に、追加の料金が発生するかどうかも確認しておきましょう。後にトラブルにならない為に、料金や工事内容について、明瞭にしておくことが大切です。

その他のつまりの原因

その他にも、経年劣化によるつまり、節水によるつまりがあります。経年劣化とは、築年数の古い家において、長年使用することによって、尿石等が排水管に蓄積されて頑固にこびりつき、流れる穴がどんどん狭く細くなってしまいます。その為に、つまりが起きやすくなり、なかなか簡単には解消されないケースが引き起こされてしまいます。

また、節水によるつまりとは、トイレの水量を節水する時に引き起こされるケースで、トイレタンクに水を入れたペットボトルを入れることで、節水にはげむ家庭もおられると思います。しかしながら、トイレの水量は考えられて設計されていますので、少なくても、多くても適切な量ではありません。もしも現在、水量を少なく極端に節水されているのであれば、いずれトイレのつまりの原因になる可能性がありますので、適切な量に戻すようにしましょう。

節水はもちろん大切なことですが、節水が原因でつまりが発生してしまっては意味がありません。他にも、ペットボトルがタンク内にあるいろいろなパーツに接触すると外れてしまったり、破損の原因にもなりかねません。つまりが頻繁に起こったり、故障の原因になる前にペットボトルを取り出しておきましょう。

代表的なつまりの原因

トイレのつまりの原因はいろいろ考えられますが、頻繁に起こる原因として代表的なものは、トイレットペーパーのつまり、ティッシュペーパーのつまり、固形物のつまり、おむつや生理用品のつまりが挙げられます

まずつまりの原因の代表格、トイレットペーパーは、いたずらに大量に流してしまうとつまりが発生したり、節水の為にと都度流さず、何度か溜めてから流す場合にもつまってしまうことがありますので注意しましょう。水に溶けるからと言って適量以上の量を一気に流すことで、つまりの原因となってしまいます。次に、ティッシュペーパーのつまりですが、トイレットペーパーの代用として使われる方も多く、水溶性ではない為、トイレには流してはいけないものとされていますが、実際には多くの方が使用しており、つまりの原因となります。

固形物のつまりとは、お子さんのおもちゃやボールペン、携帯電話、スマートフォン等、想定外に落としてしまった場合に起こるつまりです。持ったまま入ることの多い物ですが、その際にうっかり落としてしまうケースがほとんどです。また、流してはいけないおむつや生理用品もつまりの原因になる為、専用のゴミ箱を用意する等の対応が必要です。

トイレのつまり対処法

トイレのつまりは飲食店や家庭、オフィスでもどこでも頻繁に起こる水回りトラブルの一つです。日々沢山の人が利用しますので、突然起こってしまうと大変困る問題です。飲食店等では営業にも支障をきたしますので、早急な対策が必要となります。トイレのつまりなら自分で直せるという方も多くおられると思いますが、まず利用するのはラバーカップ、通称スッポンと呼ばれる、ゴム製の半球状に棒がついているトイレ専用の吸出し器具になります。ほぼどこのトイレにも常備されている器具で、簡単なつまりであれば、手っ取り早くを解消できますので、大変便利です。

他のトイレのつまり対処法としては、難易度の低いものであれば、ラバーカップを使う方法以外には、お湯を使った方法があります。ラバーカップを使っても一時的にしか直らなかった、あるいは全く直らない場合には、時間は多少かかりますが、つまりをふやかして溶かしてから流すという方法になります。材料は簡単に手に入るもので、重曹とお酢を利用し、お湯は手で触って熱いと感じる程度のぬるま湯にします。熱湯を使用すると便器を痛める原因になりますので注意してください。材料を便器に流し入れ、一時間程度そのまま放置します。その後、ラバーカップを使ってつまりが溶けているかどうかを確認しましょう。数時間が経過しても解消されない場合は、便器のつまりではなく、配管や下水、あるいは長年に亘ってこびりついた頑固なつまりの可能性が高くなりますので、業者へ相談するようにしましょう。